ドライと缶詰

ドッグフードをふやかして対応

ドッグフードは子犬用は小さく成犬なると大きくなるというのが一般的なのですが、これはワンちゃん達が成長する毎にお口が大きくなるので、そのお口の状態に合わせて大きさを調整して、ワンちゃんに歯ごたえの感覚を与えているのです。
しかし、この対応で全てのワンちゃんにいいかというとそうではなく、ワンちゃんにとっては成犬になってもあまり噛まないで食べるという状態もあるので、ワンちゃんに合わせて大きさを調整するという対応が必ずしもいいとは限らないのです。
人間とは違いワンちゃんはあまり噛まないので、大きいままのドッグフードだとそのまま飲みこんでしまうという事態が発生するので、その状態でも対応できるようにふやかしたドッグフードで対応するという方法があるのです。

ふやかしているのであまり噛まないワンちゃんでも胃に負担をかけることなく、快適な環境で食べる事ができるので、ワンちゃんも楽しく食事を楽しむ事ができるようになるので、凄く大切な対応なのです。
これからワンちゃんの食事を快適に対応していきたいと考えている方は、ドッグフードをふやかして、ワンちゃんたちが食べやすい環境を対応する事で、楽しく食事をする事ができるようになります。

このページの先頭へ