ドライと缶詰

ドッグフードでドライと缶詰

ドッグフードにはソフトタイプとドライタイプと缶詰タイプがあり、ワンちゃんの好みに合わせてこの形を使い分けている方がほとんどだと思うのですが、この様々な形をワンちゃんがどのように見ているかを紹介していきたいと思います。
そんなドッグフードのタイプの中でも今回はドライタイプと缶詰タイプに視点を当てて、この部分から詳しく内容を纏めて、ワンちゃん視点で詳細を纏めていきたいのですが、まずはドライタイプと缶詰タイプを紹介します。

ドライタイプhttp://www.tibettibet.jp/doraitaipu.html
こちらはドッグフードの方い形で、特徴として含まれている水分量が少ないという事が挙げられて、含んでいる水分量が少ないのですぐに喉が乾いてしまうという事態が発生します。
しかし、歯ごたえがいいので、ワンちゃんはしっかり食べているという感覚を味わいながら美味しく食べる事が出来ます。

缶詰タイプ
こちらは食材を柔らかい形で素材をそのままで食べれる事ができる状態なのですが、味付けが通常のドッグフードに比べて濃いので、ワンちゃんの健康に対する心配が出てきます
しかし、ワンちゃんはそのまま素材を食べれるので、凄くワンちゃんは食べやすいのです。

どちらのタイプでもワンちゃんは美味しく食べれるのですが、与えすぎるというのは危険ですので、交互に与えていくとう対応を摂る事でそれぞれの魅力をワンちゃんに感じてもらえる事が出来ます。

このページの先頭へ